2017年1月30日月曜日

お前も「家族」だ

もう30日ですが、明けましておめでとうございます(笑)
年が明けてもう1ヶ月経とうとしております…今年の初詣では大吉を引いたので
いい1年になることを期待しつつ…

昨年は少し音楽から遠ざかっていた1年だったので、今年はより音楽に積極的な1年に
したいですね~。現在販売中の楽曲も商用利用のみ有料という形にしようかと検討中です。
ゲームもプレイし始めると本当に止まらないので適度に自粛しつつ…
いい音楽に出会えるのは良いんですが、本当に時間を食うと言いますか
始めると朝から晩までずっとプレイしっぱなしの状態に陥ってしまうので(笑)
勿論プレイせずに音楽だけ聴いていれば良いかと言うと、そうではないと思いますが…
難しいところですね(笑)でもゲームだけが全てではないので、色々な媒体に触れる努力もしようと
思います。

と言ってるそばからゲームの話ですが(笑)
タイトルをご覧頂ければお分かりかと思いますがホラーゲームと言えばこのタイトルでは
ないでしょうか。そう、"BIOHAZARD"です。
ホラーゲームは苦手なので、この類のゲームはプレイ動画で済ませるor人のプレイを横で
眺めるチキン野郎な私ですがBIOHARDに関しては音楽が割と好きなのでサントラも幾つか
持っているんです。
タイトルごとに特徴的なセーブ部屋のテーマもお気に入りの中の一つでして、それをイメージして
作った曲もHPに幾つか掲載しています(笑)
発売したてのタイトルなので、実況を視聴しつつ音楽に耳を傾けておりますよ。
時々映像のグロさ加減が凄すぎて全然音楽どころでは無くなってますけど(笑)
主人公が手首切り落とされたり足首切り落とされたりえっ?えっ?えっ?ゲームオーバーじゃ
ないの!?と心の中で叫びつつ楽しんでいます(笑)ファミパン親父は不死身なんでしょうか…
パッケージ版のサントラが発売されたら是非購入したいですね~

それでは、本年もPresence of Musicを宜しくお願い致します!!

2016年12月31日土曜日

今年も一年ありがとうございました

今日で2016年も終わりですね。
本年もPresence of Musicへお越しくださった皆様、本当にありがとうございました。

昨年もなのですが、振り返ってみるとホームページの更新は2回だけだったので
2017年はもう少し頻度を上げられたらと思っています。
また新しい音源の購入も検討しているので、楽曲のクォリティアップ・制作のモチベーション
アップに役立ってくれることを期待しつつ…(笑)

今年はいけにえと雪のセツナ、FF15と和ゲーをプレイする機会が多かったように思いますが
やはり音楽がいい感じですね~。FF15に関してはサントラ買っちゃいました。
色々言われているFF15ですが、個人的には気に入ってますよ(笑)まぁ13章は皆さん仰って
いるようにバ〇オ〇ザ〇ド状態ですけど(´Д`;)そして某ダンジョンで要求されるシビアな操作は
発狂もの(笑)
今作は下村氏が音楽担当ということで、個人的には聖剣伝説(サントラ持ってます 笑)が印象に
残っているんですがプロフィールを拝見すると出身地や卒業された学校が同じことにビックリ!!
こんな偉大な方が先輩とは…(実は今日知りました…御免なさい!! 笑)
サントラを聴きつつお気に入りをチョイスしていますが、特にバトル曲が熱くていい感じですよ!!
タイトル画面のSomnusもお気に入りですが、体験版(EPISODE DUSCAE)でも流れていた
The Fight Is On!がカッコイイ!!ボス戦で流れるHorrors of the Nightもタイトル通り不気味な
雰囲気出てますが結構好きです(笑)召喚獣登場シーンの曲NOX DIVINAもいいですね!!
私は本当にアクション苦手なのでよく召喚獣様にお世話になっております…(特にラムウ爺様 笑)
DTMでコーラス等人の声を表現するのは簡単ではないと思うのですが、少し加えるだけでも
曲の味付けがだいぶ変わりますし、今後何とか取り入れたいところではありますね~

…と、色々な野望を膨らませつつ来年もPresence of Musicを宜しくお願い致します。
よいお年を!!

2016年11月21日月曜日

WOOD CONE

皆さん音楽を聴かれる時はコンポですか?それともアンプやスピーカーに拘った
ホームオーディオでしょうか?最近はハイレゾ対応の製品も沢山出てきましたよね。

ただ音楽制作に関してはモニタースピーカーを使用されている方が多いのではないでしょうか。
こちらは家庭で音楽を聴く時などに使用するリスニング用のスピーカーとは違い原音に忠実、
フラットな音が特徴ですね。入力した音を正確に表すことが目的なので普段音楽鑑賞等に
使っているスピーカーと比べればちょっと味気ない音に感じるかも知れません。

例えば自宅のスピーカーで音楽を聴いた時と友達の家のスピーカーで聴いた時では
聴こえ方が違うと感じたことは無いですか?リスニング用のスピーカーではメーカーによって
色々機能が付いていたり味付けされているので当然聴こえ方に違いが出ます。
だから制作の際にはモニタースピーカーというわけです。わけなんですが…
私は使っていません(笑)

正確には、使うのをやめました。理由は簡単、正確な音、要するにつまらん音が出るからです(笑)
(つまらん音というのは勿論主観的な意見ですよ!!)
そもそもホームページの曲を聴いて下さる方々がどのような環境で聴かれているか分かりませんし
モニタースピーカーの音を基準にして作ったところで再生するスピーカーによって聴こえ方も
変わってくるわけでして。自分の意図した聴こえ方をするかどうかが分からないのです。
それなら最初から自分の耳が心地いいと感じるスピーカーを使えばええやん、という結論に
至りました(笑)
実際ここ数年モニタースピーカーで曲作りを続けてきましたが、出来上がる音がしっくりこない
ことが多く、段々作るのが苦痛になってくる始末(笑)あ、別にそれがホームページの更新が遅い
原因ではないんですが…

そこでようやくタイトルのWOOD CONEです。
何かと言うとビクターから販売されているウッドコーンスピーカーのことなんですが、その名の通り
"木"で出来たスピーカーなんです。(詳しくはこちら)
つい先日出来上がった曲は最初モニタースピーカーを使って作業を進めていたのですが
上記の理由で思うように作業が進みませんでした。
そこでたまには違うスピーカーで聴いてみようと軽い気持ちで変えたところ、おっ!いい感じ!と
いう音がスピーカーから流れるではありませんか~
そこから作業は一気に進み、先日Horror・Suspence用のOP・ED向けの曲が1つ完成しました(笑)
(来月にはお披露目出来ると思います!)
私が持っているモデルは既に生産完了してしまったのですが、メーカーHPにある
"アーティストの想いが伝わる音楽を再現したい、オリジナルマスターに限りなく近づけたい"
という言葉を信じて購入して良かったと今更ながら思います(笑)
別に私はアーティストではないんですがウッドコーンに救われました(TーT)

ということで、これからも我が家のスピーカーはウッドコーンです(笑)